この記事を読む

光センサーを使うには

光センサー 光センサーとは、デバイスの周囲の環境光を取得し、どれだけデバイスに光がそそがれているかを取得できます。 たいていのデバイスはフロントカメラの横に環境光センサーがついています。なのでここに手をかざすと環境光センサーは低い値をしめす…

この記事を読む

単純なデバイスの方向を検知するには

単純なデバイスの方向 デバイスの傾きを取得するなら、加速度センサーを利用できますが、SimpleOrientationクラスを使用すると、デバイスが縦向きなのか、横向きなのか、画面が上なのか、画面が下なのかなど、単純なデバイスの向きを簡単に…

この記事を読む

傾斜計を利用するには

傾斜計 傾斜計とは、加速度センサーと同じようにデバイスの傾きを取得することができるセンサーです。 加速度センサーはとりうる値が0.0~1.0なので直感的ではありません。 傾斜計はX軸回転、Y軸回転、Z軸回転をそれぞれPitch、Roll、Y…

この記事を読む

方位センサーを利用するには

方位センサー 方位センサー(またはコンパス)は、タブレットがどの方位を向いているかを取得することができます。 取得できる値は、タブレットの上方が北からどれだけ回転しているかの角度の値です。   Compass 方位センサーを利用す…

この記事を読む

ジャイロメーターを利用するには

ジャイロメーター ジャイロメーターとは、デバイスの角速度を取得するセンサーです。 基本的な概念や座標軸は加速度センサーと変わりませんが、ジャイロセンサーは角速度を測るものなので デバイスを回転させた瞬間は値は大きくなりますが、しばらくすると…