この記事を読む

加速度センサーを利用するには

加速度センサー 加速度センサーとは、主にデバイスの傾きを取得するセンサーです。 タブレットを傾けるだけでユーザーの入力を受け付けることができます。   加速度センサーを利用するにあたって、「どの軸を固定とした回転か」を考える必要が…

この記事を読む

タッチ入力を検知するには

タッチ入力 Windows8ではタッチファーストのアプリ設計のため、タッチに対応したデバイスではタッチ入力を検知することが容易になりました。   タッチ入力を検知するためにはタッチ入力を検知したいコントロールのPointerPre…

この記事を読む

マウスからの入力を検知するには

マウス入力 WindowsストアアプリはタブレットPC向けと言えど、マウス入力ユーザーもおおいのでマウス入力も欠かせません。 マウス入力は、マウス入力を検知したいコントロールのPointerPressedイベントなどで検知し、様々なPorp…

この記事を読む

スタイラスペンからの入力を検知するには

スタイラスペン スタイラスペンに対応しているデバイスでは、スタイラスペンからの入力を検知するアプリを作る必要があります。 スタイラスペンには、バレットボタンと消しゴムボタンがあり、 バレットボタンは多くのアプリが要素を選択するときに用います…

この記事を読む

WindowsストアアプリとWindowsPhoneアプリで処理を分岐するには

#ifディレクティブ ユニバーサルアプリにおいて、WindowsストアアプリとWindowsPhoneアプリで処理を分岐させるには、#ifディレクティブを使用する必要があります。 おもに共有プロジェクト([アプリプロジェクト名].Share…