Blog


初期設定

コンピュータ名の変更

  • コントロールパネル→システムとセキュリティ
  • コンピュータ名の横に設定の変更リンクがあるのでクリック
  • システムのプロパティでコンピュータ名タブに「変更」ボタンがあるのでクリック
  • 変更してOK
  • PowerShellの場合はRename-Computerコマンドレット

  •  

固定IPの設定

  • 初期ではDHCPによってIPアドレスが自動的に割り当てられている
  • 固定IPにすることでIPアドレスを利用してサーバーにアクセスしやすくなる
  • コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センター
  • 自分の接続しているネットワークをクリック
  • ~~状態というダイアログがでてくるのでプロパティ
  • インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)を選択→プロパティ
  • 設定する
  • デフォルトゲートウェイなどがわからない場合はそのルーターにつながっている他のPCからpowershellで

  •  
  • と打ち込んでデフォルトゲートウェイのアドレスを調べる
  • 大抵の場合はデフォルトゲートウェイとDNSサーバーは同じアドレス、サブネットマスクは255.255.255.0でIPアドレスは最後の桁を好きな数字にすればよい

リモート管理の設定

  • 通常のWindowsと同じようにリモート設定
  • リモートデスクトップを可能にする



データ重複除去

データ重複除去とは

NTFSでフォーマットされたディスクで重複したデータをなくす機能

管理方法

サーバーの役割追加から「データ重複除去」を追加する

サーバーマネージャ→ストレージサービスと記憶域サービス→ボリューム→ボリュームを右クリックしてデータ重複除去の構成を押して管理




記憶域スペース

記憶域スペースとは

ストレージ仮想化技術

複数の物理ディスクを束ねたストレージプールというものの上で、仮想ディスクをつくることができる技術

管理方法

サーバーマネージャー→ファイルサービスと記憶域サービス→記憶域プール

記憶域プールを作成して、仮想ディスクをつくることで管理開始できる。

 




ディスク管理

物理ディスク

WindowsServerの物理ディスク管理はコンピュータの管理→記憶域→ディスクの管理という普通のWindowsと同じような管理方法で管理できる。

 

仮想ハードディスク

VHD(Virtual Hard Disc)・・・仮想的なハードディスクを1つのファイル上に構築するもの

おなじくコンピュータの管理→記憶域→ディスクの管理からVHDを作成、管理できる The thought never crossed her mind to essential service consider denying rebecca the privilege of keeping her cell phone




はじめに – WindowsServerメモ

このメモについて