Blog


dnx kestrelを殺す方法

通常ならEnter押すと終了するらしいですけど僕の場合終了しなかったので検索してみるとStackOverflowにも同様の問題が上がってたのでバグなんじゃないかなというかんじでした。

 

killでけしましょう。

 

How to quit ASP.NET Kestrel web server on a Mac




MacでASP.net 5を実行してみた

ASP.net 5

ASP.net 5からクロスプラットフォームで実行できるようになりました。

詳しくは以下のチャックさんのスライドを参照してください

 

ASP.netはDNX(.net execution environment)という環境上で実行できるらしく、DNXをインストールすることからはじまります。

チャックさんのスライドによると、というサイトにいろいろやり方が書いてあるっぽいのでそれにそってやってみます。

Homebrewのインストール

すでにMacにHomebrewを入れていたのでこの工程はすっ飛ばしましたがまだ入れてない人は以下のコマンドで

brew -vコマンドでバージョンが表示されたらOK

 

.Net Version Manager (DNVM)のインストール

brew tapコマンドでaspnet/dnxリポジトリのformulaを取り込みます。

brew install コマンドで最新バージョンのdnvmをインストールします。

sourceコマンドでリンクを貼るスクリプトを実行し

dnvmコマンドでdnvmを実行します

dnvm upgradeコマンドでdnxをインストールします。

dnxコマンドでdnxが入ってることがわかります

Yeomanをインストールする

Yeomanとはnode.jsのパッケージの一つで、Web開発のファイル生成を簡単に行ってくれるものです。

generator-aspnet-projパッケージはASP.net 5のプロジェクトファイルも作ってくれます。

 

Yeomanはnode.jsのパッケージなのでnode.jsとnpmをインストールする必要があります。

からnode.jsとnpmをインストールしましょう。

npm -vコマンドでバージョンが表示されればOK

sodoでnpm install -g yoコマンドをうって、yeomanをインストールしましょう。

YeomaがインストールできたらYeomanのASP.net generatorをインストールしましょう。

ASP.netのプロジェクトを作る

プロジェクトを作成したいディレクトリに移動し、yo aspnetコマンドを打ち込みます

プロジェクトタイプと名前を聞かれます。

今回はWeb Application Simpleにしました。

コマンドが実行されると見事にASP.netのプロジェクトが生成されました。

VS Codeで開く

VisualStudio Codeで作ったプロジェクトフォルダを開くと依存関係がどったらこったらでエラーがでます。多分依存ライブラリを復元しないとダメなやつ

チュートリアル通りだと、dnu restoreコマンドを打たなきゃなんですけどdnu restoreを打つとpermission deniedとなります。

 

/Users/<UserName>/.dnx/runtimes/dnx-mono.1.0.0-beta6/bin/dnu

をls -lで見てみると、ユーザーの実行権限がないのでchmodで実行権限を与えましょう。

これでdnu restoreコマンドが使えます。

dnu restoreコマンドを打つと、nugetからライブラリをズラーっとインストールし始めます。

この状態でVS Codeでプロジェクトを開いてみると無事インテリセンスがきくようになります。

ASP.Netのアプリケーションを実行してみる

Project.jsonを開きます。

commandsオブジェクト内のkestrelオブジェクトの値を以下のように変更しましょう。

 

VS CodeでShift+Command+pをおして、dnxと打ち込むとdnx kestrelという項目がでるので選択します。

するとターミナルが立ち上がってStartedと表示されます。

あとはブラウザでlocalhost:5001にアクセスすると、Asp.netのサイトが表示されます。

Wordy american exploration was rapid http://writemypaper4me.org considering the means which the pioneers had available to them




MacからAzure CLIで遊ぶ

Azure CLI

Azure CLIを使うとブラウザでポータルへアクセスしなくともコマンドラインからAzureの操作ができます。

Macではnode.jsのnpmでインストールできます。

インストールできたらazure helpコマンドを叩いてみましょう。

こんなのが出てきたらOK

サブスクリプションに接続する

azureのインスタンスをいじるにはサブスクリプションに接続する必要があります。

azure account downloadコマンドをたたきます。

ブラウザがこんなサイトにいったら自動で.publishsettingファイルがダウンロードされます。

azure import <.publishsettingファイルのパス> コマンドを叩くことでアカウント設定をインポートできます。

WebAppsを作成してみる

azure site createコマンドをうってみましょう。

サイト名とリージョンが聞かれて、指定するとコマンドが実行されます。

管理ポータルに言ってみるとちゃんとWebAppが作れてました。

 

参考

Access although the bl is https://pro-academic-writers.com/ increasingly accessible, it is wise to be able to state the exact nature of your research traditionally one was required to have exhausted the resources of college and university libraries before using it




【SQL Server】T-SQLでロールにDBユーザーを追加する

めっちゃ悩んだ

SQLDatabaseにかんしてはSSMSではGUIでいじれないのでT-SQLをいじることになるけどドキュメントがみにくい

解決してくれたのは以下のサイト

SQL Server Management Studio を使用した Azure SQL Database の管理

この構文でユーザーをロールに追加できる。

sp_addrolememberは古い構文らしいっす

今はALTER ROLE




Azure Moble Apps .Netバックエンドでカスタムコントローラにアクセスするときに認証がいるアレ

Azure Mobile Apps .Netバックエンドの場合、カスタムコントローラとかを作ってテストする場合BASIC認証画面がでます。

何を入力するんだろうと調べてるとこんな表記が

既存のアプリケーションへの Mobile Services の追加

 

ユーザー名にはなにも入れず、パスワードのところにアプリケーションキーいれればいいんですね。

 

ちなみにMobileAppsをデプロイしたときトップに表示されるこのページのtry it outボタンを押すとAPI Documentが作成されるので便利です。