よくJuliusを実行するのですが、Julisを実行するときにたまに「そのようなファイルやディレクトリはありません(No such file or directory)」というエラーが出てくるときがあります。 もちろん指定したパスにはちゃんとバイナリが存在するのですがbashはそこにファイルはないとエラーをはいてきます。 しばらく悩んでると、どうやら64bit Linuxで32bitバイナリを実行しているかららしいです。   @garicchi @_iwate ああ、それ64bit linuxで、32bit binary を動かそうとしているのでは? — Takekazu Omi (@takekazuomi) 2016年7月21日 「file 実行バイナリ」のコマンドを実行してみて、executableな32bitみたいな表記が出てきて、使っているlinuxが64bitならこれが問題みたいです。 解決方法はディストリビューションによって違うのですが、用は32bitバイナリの実行環境(ライブラリなど)を入れることで実行できるようになります。 Debianの場合はこんな感じらしいです   @garicchi debian だと、 dpkg –add-architecture i386 としてから、apt-getらしい。https://t.co/rOP5zEsXH6 — Takekazu Omi (@takekazuomi) 2016年7月21日 私はArchLinuxを使っていたのでmultilibの有効化、パッケージの更新を行い、以下のパッケージを入れました

32bitバイナリだから実行できないならそういうエラー吐いてほしいですね

UWPではWindows.Globalization.Calendarクラスを使うと簡単にカレンダーの値を扱うことができます。 ※System.Globalization名前空間にもCalendarというクラスがありますがこちらではありません。 Calendarをnewするとデフォルトでは今日の日付を指すことになります。 Add*メソッドを使用すると明日や1週間後の日付を計算できます。 Add*メソッドにマイナスの値を入れるとn日前など過去に遡ることができます。

Cognitive ServiceのFaceAPIを使うと顔画像からいろんな情報を入手できます。 具体的には顔認識、類似顔検出、グループ化とかいろいろできるみたいです。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/face/ ドキュメントはここ https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/face-api/documentation/overview APIKeyの取得 APIを使うためにはAPIKeyが必要になります。 CognitiveServiceはAzureのサービスの一環なのか、Azureのポータルから取得できます。 作成したインスタンス?を表示して、Keysに入っているのがAPIKeyです APIを使う方法 APIを使うためにはhttpのエンドポイントもありますが、プラットフォームが.NetならNugetに公式のライブラリがあります。 FaceAPIの場合はMicrosoft.ProjectOxford.FaceをNugetから入れます 顔の特徴点の抽出 FaceDetectでは顔の特徴点を抽出できます。具体的に抽出できる特徴点はこんな感じ https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/face-api/documentation/face-api-how-to-topics/howtodetectfacesinimage 実際にFaceDetectするにはFaceServiceClientをAPIKeyで初期化し、DetectAsyncメソッドを呼び出し、画像のURLを入れます。

画像の送信方法としては、URLのほかに.NetのStreamを入れることもできます。

実際に検出してみるとFaceLandmarksにたくさんの顔の特徴点を取得することができました。

Dpi(Dots per inch)とは1インチに何ピクセルあるかを表した値であり、デバイスのDpiを検知してDpiに最適な画像を選択、表示すべきです。 UWPでDpiを取得するには以下のコードを実行します。

デバイスのDPIが変更されたことを検知するには以下のコードを実行します。

デバイスのDPIは設定からスケールを変更することで設定することができます。