2016年11月26日JXUG #20 Xamarinハンズオンで登壇してきました。 資料はこちらにあります。 Xamarin開発ロードマップを作ろう—Togai Ryota 反省 寝坊しました。5時に起きる予定だったのに朝起きたら8時でした。 あんまり寝坊する体質ではないのですが、寝ている間にHuaweiのP9liteというAndroidスマホの電源がおちていました。充電していたのにいまだに謎です。 まあそもそもタスクを適切にさばいて資料作りに余裕が出ていればこんなことにはならなかった…ついに他人に迷惑をかけてしまう状態になったので反省して今後はタスクの負荷分散をしていきたいと思います。 関係各位とセッションの時間を早めていただいたちょまどさん、本当にすみませんでした。 以下2コマ漫画 今調べたら明日5時起きでわろた — がりっち? (@garicchi) 2016年11月25日 完全にやらかした — がりっち? (@garicchi) 2016年11月25日   セッションの反省 僕は今回の参加者層は「C#を業務などで触ったことがあるけどXamarinは触ったことがない」方々が来られているものと思って資料を作っていましたが学生支部と連動してることもあって、想定より初めてC#を触るという方々が多く見受けられたと思います。 やっぱり想定参加者よりも1段階レベルを下げた登壇内容にするのがコミュニティ登壇において重要だと改めて感じました。 もしくは東北の時にやったように参加者レベルに合わせて注目してもらうスライドを用意するというのもアリかもしれません。 今回のイベントで理想的なセッションとしては「Xamarin初心者が躓きやすいところ10選」とかそんな感じですかね。もっと初心者にフォーカスして作っとけばよかったです。(どっちにしろ私にXamarinの経験的な知識はありませんでしたが..) 参加者も貴重な休みを使ってきているのですから、参加者のレベルをしっかり把握してそれに適した、参加者が一番求めている情報を提供できるのが良い登壇者だと思うので今後もそれを目指していきたいです。   次の登壇は12/18のハッカソンと1月のCLR.hなので今回の経験を活かしてより良い登壇にします。