アプリケーション内で共有されるプロパティを設定するには

CoreApplication.Properties

CoreApplicationクラスのPropertiesはIPropertySetを実装し、わざわざ自分でstaticなクラスを作らなくてもアプリケーション内で共有されるプロパティ値を設定することができます。

 

//プロパティ値を追加
CoreApplication.Properties.Add("SettingValue",10);

//Keyがすでにあるなら
if (CoreApplication.Properties.ContainsKey("SettingValue"))
{
    //Valueを読み込む
    int val = int.Parse(CoreApplication.Properties["SettingValue"].ToString());
}

 

garicchi
対話システムとSFとアニメが好き たまにMicrosoftコミュニティに出現します たまに日経Linuxとラズパイマガジンで記事を書いたり Microsoft MVP 2014~2018(引退済み)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください