Postデータを取得するには

Postデータ

複数のWebページ間でのデータのやりとりの方法の一つとして、HttpPostというものがあります。

PostはHttpRequestデータの中にデータを埋め込むことができ、Requestを受けとったWebページはPostデータを取り出してページに反映することができます。

 

Postデータを送信する

Postデータを送信するにはHTMLのformタグを使って行います。

formタグのaction属性に遷移したいページのアドレス、method属性にpostを指定します。

 

formタグ内には、postデータとして送信したいデータをユーザーから入力してもらう形式にします。

そのために、inputタグを用いて入力コントロールをつくります。

type属性には入力の種類、name属性にはpostデータのキー、valueにはpostデータの値を設定します。

 

radiobuttonの場合、選択させたいボタンを同じnameにすると対応するvalue値が送信されます。

 

全体のコードはこのようになります。

このHTMLはこのようになります。ユーザーからの入力がこの用になった場合

19

 

Postされるデータのキーセットはこのようになります。

20

 

Postデータを受け取る

まず、Postデータを受け取るページをつくります。

ソリューションエクスプローラーからプロジェクト名を右クリック→追加→新しい項目

を押します。

21

 

 

ダイアログが表示されるのでpost.cshtmlという名前でページを追加します。

22

 

 

Razor構文内ではIsPostプロパティが存在し、これはHttpPostによるリクエストならTrueになります。

そして、Request.Formプロパティには、PostデータがNameValueCollectionとして入っています。

つまり。Request.Formのコレクションに先ほどPostしたデータのnameをキーとしてvalueを調べると値がかえってきます。

23