C#ゲームフレームワークCobaltFrameが物理エンジンに対応しました

1

 

がんばってFarseerPhysicsEndgineを使えるようにしました。

 

使ったのはPCL移植されているFarseerPhysicsEndginePortable

DebugViewもちゃんとでます。

 

基本的なつかいかたはサイトを参照してもらえば大丈夫だと思いますが、

最初のゲーム画面をPhysics2DScreenとすることで物理エンジンを体験できます。

 

さらに地味に2DCameraにも対応しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください