MediaElementのコントロールを簡単に変更する – MediaTransportControls

TransportControls

MediaElementのAreTransportControlsEnabledプロパティをtrueにすると予め用意されたMediaElement制御用UIが表示されます。

この制御用UIをTransportControlsと呼びます。

 

Windows10 UWPからは、TransportControlsを簡単にカスタマイズできるようにMediaTransportControlsというコントロールが追加されました。

MediaTransportControls

通常MediaElementのTransportControlsを利用するとこのようになります。

<MediaElement Source="Assets/test.mp4" AreTransportControlsEnabled="True">
</MediaElement>

 

MediaElementのTransportControlsプロパティにMediaTransportControlsコントロールを置くことで表示されるUIをカスタマイズすることができます。

<MediaElement Source="Assets/test.mp4" AreTransportControlsEnabled="True">
            <MediaElement.TransportControls>
                <MediaTransportControls IsFastForwardButtonVisible="True" IsFastForwardEnabled="True" IsFastRewindButtonVisible="True" IsFastRewindEnabled="True" IsPlaybackRateEnabled="True" IsStopEnabled="True"/>
            </MediaElement.TransportControls>
</MediaElement>

 

MediaTransportControlsにはたくさんのIsから始まるプロパティがあるのでそれを変更するだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください