DreamSparkアカウントでAzureMachineLearningを無料で使う方法

Azure MLはMicrosoftアカウントに紐付いたAzureサブスクリプションに対し、1つ10GBのフリーワークスペースを割り当ててくれます。

このフリーワークスペースにさえアクセスできればDreamSparkアカウントでもAzure MLを10GB無料で使えます。

※この方法は2016/2/23時点でAzureMLがFreeワークスペースを提供してくれている情報です。今後どうなるかはわかりません

やり方としては、まずAzure ポータルにアクセスします。

DreamSparkでサインインし、ポータルが使えればOKです

その後、https://studio.azureml.netにアクセスします。

すると、「Get Started」というボタンが中央に表示されますのでクリックします。

すると以下のようなダイアログが表示されるのでSign inを押します。

すると普通に10GBのフリーワークスペースを割り当てられ、Azure MLを利用できます。

ちなみに私のフリーワークスペースですがこれだけ実験シートを作っても2GBなので結構遊べると思います。

ポイント

DreamSparkのポータルではそもそもAzureMLのMLStudioにアクセスできませんがURLに直接アクセスするとちゃんとフリーのワークスペースを割り当ててくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください