wordpressでプラグイン停止したときにhttp500が出たときの原因究明から対処まで

自分はubuntuサーバーでこのwordpressのサイトを運用しているわけですが、プラグイン停止しようと思ったらhttp500になって停止できない謎現象がおきました。

私はlinuxシステム管理力が激的に低いので試行錯誤で解決してみます。

まずはphpがどこにエラーログをはいているのかを特定

sudo nano /etc/php/7.0/php.ini

からlog_errorsがOnになっているか確認。これがOnになっているということはどこかにログがでているということ。

error_logで検索して値が指定されていたらそこにエラーが書き込まれているはずだけど今回は指定がなかった。

nanoエディタの場合はCtrl+Wで検索ができる。便利

どうせapacheのログに書き込まれてるんだろうという安直な発想でapacheのログをみてみたらその通り書いてあった。

 tail -n 1000 /var/log/apache2/error.log.1

どうやらwp-multipath-patchプラグインが悪影響を及ぼしているようなので強制停止。

wordpressプラグインの強制停止方法はwp-content/plugins内の該当プラグインを別の名前に変えればOK

ということで強制停止させたら、ほかのプラグインを停止できて問題解決できた。

シス管理力ほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください