LUISをPythonから使う

MicrosoftのCognitiveServiceの一つであるLUISはPythonのSDKが用意されているのでそれを利用すればかんたんにLUISの構築済みモデルにPythonからアクセスできます。

ここでは構築済みLUISモデルをPythonから使う例を解説するので予めLUISでモデルをつくってpublishしておいてください。

まずSDKをインストールします。おそらくPyPIに公開されていないのでgitリポジトリからインストールします。

pip install git+https://github.com/Microsoft/Cognitive-LUIS-Python.git

あとはこのようなコードでテキストを分類し、最も高いスコアをつけたインテントを取得できます。

from luis_sdk import LUISClient
appid = "{app id}"
appkey = "{app key}"
text = "あああ"

client = LUISClient(appid,appkey,True)
res = client.predict(text)
top = res.get_top_intent()
top_name = top.get_name()
top_score = top.get_score()

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください