Azure Machine Learning Tutorialに献血識別のチュートリアルを追加しました

前回作ったAzure Machine Learning Tutorialですが新しく献血データを使って献血に行った人とそうでない人を分類する識別チュートリアルを追加しました。

https://github.com/garicchi/azureml-tutorial/tree/master/blood-classify

Azure Machine Learningにはデフォルトでいくつかサンプルのデータセットがついているのでその中の一つである「blood donation data」を使いました。データの内訳はこのようになっていて、0か1かが書かれているClassを識別します。

このチュートリアルを作っていて初めて気づいたのですがAzure MLにはSMOTEモジュールというものがあり、これを使うことによってデータの不均衡をオーバーサンプリングによって均等にすることができます。

Two Class Neuralnetworkを用いて識別、10点交差検証した結果、F値0.6とあまり良い結果にはなりませんでした。パラメータ調整とか特徴量選定とかの余地がありますね。