アプリに設定を追加するには

SettingsFlyout

Windows8.1からSettingsFlyoutが追加できるようになりました。

プロジェクトを右クリック→追加→新しい項目を選択します。

2

 

Windowsストアの項目からポップアップの設定を選択し、追加を押します。

3

 

呼び出し方はShowメソッドか、ShowIndependentメソッドをよびだします。前者はFlyoutのバックボタンを押した時に設定チャームを表示し、後者は表示しません。

SettingsFlyout1 flyout = new SettingsFlyout1();
            flyout.ShowIndependent();

 

設定チャームから呼び出す

チャームの設定の項目から呼び出すこともできます。

App.xaml.cs内のOnLaunchedメソッド内のif(rootFrame==null){}内に以下の文を追加します。

SettingsCommand command = new SettingsCommand("command1", "setting", (args) =>
{
    SettingsFlyout1 flyout = new SettingsFlyout1();
    flyout.Show();
});

SettingsPane.GetForCurrentView().CommandsRequested+=(s,ee)=>
{
    ee.Request.ApplicationCommands.Add(command);
};

チャームから設定項目を呼び出すと、先ほど作ったコマンドが追加されています。

4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください