画像を表示する

前回Canvasコントロールを配置した状態のMainPage.xamlに画像を追加します。

画像はImageコントロールで表示するので[ツールボックス]ウインドウを開きましょう。

ツールボックスがデフォルトで表示されていないなら

[表示]→[ツールボックス]で開きます。

2

 

ツールボックスの中から、すべてのXAMLコントロール内の

Imageをデザイナー画面にドラッグ&ドロップします。

3

 

続いて、画像ファイルを追加するためにソリューションエクスプローラーから

Assetsフォルダを右クリックして[追加]→[既存の項目]を選択します。

5

 

ダイアログで好きな画像を選択しましょう。

 

追加できたらImageコントロールをクリックして、右クリック→プロパティを開きます。

プロパティ内のSourceプロパティを先ほど追加した画像のファイル名にしましょう。

6

名前という項目に「img_ball」と入力しましょう。

9

 

こうすることでImageコントロールに名前をつけることができます。

 

画像が表示できました。

7

 

 

この状態でXAMLの構造はこのようになっています。

 

5

 

Pageタグ内のGridタグ内のCanvasタグ内にImageタグが配置される形となります。

こうなってない人は直接XAMLを編集するかやり直してください