MVVMLightToolkitを導入する

MVVMLightToolkit

MVVMを実現するには、ICommandインターフェースを実装したオリジナルのCommandクラスや、INotifyPropertyChanagedインターフェースを実装したりなど、

そこで、すでにいろいろな機能が実装されているMVVMLightToolkitを導入します。
その他のライブラリとしては、Livetなどが有名です。

MVVMLightToolkitはNugetからインストールできます。

参照設定を右クリック→[Nugetパッケージの管理]を押します。
1

検索ボックスに「mvvmlight」と入力し、検索してMVVMLightToolkitをインストールします。
2

これでプロジェクトにMVVMLightToolkitをインストールすることができました。

garicchi
対話システムとSFとアニメが好き たまにMicrosoftコミュニティに出現します たまに日経Linuxとラズパイマガジンで記事を書いたり Microsoft MVP 2014~2018(引退済み)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください