ゲームの土台となるCanvasコントロールを配置する

ゲーム開発はほとんどの場合、左上からの絶対座標(左上を座標の0,0)とする考え方を用います。

XAMLではCanvasコントロールを用いることで絶対座標による計算が可能となります。

 

ということで土台となる部分にCanvasコントロールを配置しましょう。

新しく生成したプロジェクトのMainPage.xamlを開きます。

ツールボックスからCanvasコントロールをデザイナー画面にドラッグ&ドロップ

1

 

 

配置したCanvasコントロールを右クリック→[プロパティ]を開きます。

2

 

プロパティウインドウ内のレイアウト項目内の

Widthプロパティ→「Auto」と書く

Heightプロパテイ→「Auto」と書く

HrizontalAlignmentプロパティ→一番右を選択

VerticalAlignmentプロパティ→一番右を選択

Margin→すべて0

に設定しましょう。

これでCanvasコントロールを配置することができました。