C#からMobileServiceのデータを扱うには

Mobile Service データ

Azure MobileServiceには、データを扱う機能があります。
これにより、モバイル・アプリケーションのデータをクラウドで管理することができます。

Mobile Service データを使用するには

まず、MobileServiceから、データテーブルを作成します。
「データ」を選択し、下にある「作成」ボタンを押します。

テーブルの名前を入れ、右下のOKボタンを押します。
データの挿入や削除時に、アプリケーションキーがいるかどうかはセキュリティに応じて選択してください。
アプリケーションキーが必要にすると挿入側でアプリケーションキーを入力する必要があり、
すべてのユーザーにするとだれでもデータを挿入できます。

テーブルを作成できたらVisualStudioから実際にデータを挿入します。
まず、テーブルに挿入するデータのクラスを作ります。

この時重要なのが、
・string型のIdメンバは必ず入れること
・クラスの名前はテーブルの名前と一致させること(大文字小文字は区別しない)
を守らなければいけません

このクラスのデータがテーブルに入る1つのデータになります。

続いて名前空間を追加します。

そして、MobileServiceClientクラスのインスタンスを作成するとモバイルサービスにアクセスできます。
コンストラクタ引数として、
・モバイルサービスURL
・アプリケーションキー
が必要となります。

モバイルサービスURLはダッシュボードにかいてあります。

アプリケーションキーはダッシュボードの下に「キー管理」というのがあるのでそれを押すと取得できます。

モバイルサービスURLとアプリケーションキーがコピーできたら
MobileServiceClientクラスのコンストラクタに入れ、初期化します。

そして、GetTableメソッドで先ほど作成したテーブルを取得できます。

InsertAsyncメソッドでデータを挿入できます。

モバイルサービスのデータテーブルを見に行くとレコードが追加されています。

全体的なコードはこのようになります。

Parents should talk http://topspyingapps.com/ with their teens and get an understanding about whether or not the app should be considered appropriate