ユニバーサルアプリとは

ユニバーサルアプリとは

ユニバーサルアプリとは、WindowsストアアプリとWindowsPhoneのアプリ間で(ほぼ)互換性を保ったアプリです。
WindowsストアアプリのプロジェクトとWindowsPhoneアプリのプロジェクトが一つのソリューションファイル内に入り、ストアアプリとPhoneアプリ間で共通される共有プロジェクトが存在します。

主な利点としては、

・アプリ購入の共通化

・アプリ内課金の共通化

・共有プロジェクトによるリソースの共通化

・ライブタイルなどのプッシュ通知チャネルの共通化

・コードの互換性の向上

・ローミングデータの共通化

などがあります。
つまり、Windowsストアアプリで購入したアプリがユニバーサルアプリであるならば、WindowsPhoneでも購入情報が共通化され、Phone版もダウンロードできます。

ユニバーサルアプリの概要についての詳細は@ITさんの記事を参考にしてください。
[ユニバーサルWindowsアプリ開発の勧め via @IT]