ユニバーサルアプリを作るには

VisualStudio Update2

ユニバーサルアプリをつくるには2014年4月16日時点でVisualStudio2013 Update2 RC版をインストールしておく必要があります。

新規プロジェクト

VisualStudioのメニューバー→[ファイル]→[新規作成]→[プロジェクト]を選択します。

左側のテンプレートは[ユニバーサルアプリ]を選択し、空のアプリケーション(ユニバーサルアプリ)を選択します。

1

新規作成し、ソリューションエクスプローラーを見ると、

[アプリ名].Windows
[アプリ名].WindowsPhone
[アプリ名].Shared

の3つのプロジェクトがあります。

2

[アプリ名].Windowsはストアアプリのプロジェクトで、[アプリ名].WindowsPhoneはWindowsPhoneのプロジェクトです。
[アプリ名].SharedはストアアプリプロジェクトとPhoneプロジェクトをまたぐ、PCL(Portable Class Library)より少し自由度の高い共有プロジェクトとなります。

つまり共通化したい情報(Resourceなど)は共有プロジェクトに入れ、ストアとPhoneの両方から参照するという形になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください