アプリバーにボタンを追加するには

AppbarButtonの追加 アプリバーを選択した状態でツールボックス→AppBarButtonをアプリバーにドラッグアンドドロップします。   シンボルアイコンと共にボタンが追加されました。   シンボルアイコンの変更   AppBarボタンのIconプロパティ内のSymbolプロパティを編集することでシンボルアイコンの変更が可能となります。   ラベルを変える Labelプロパティを変更することでボタンに表示されるラベルを変更できます。 <AppBar> <AppBarButton Label=”ボタン”> <AppBarButton.Icon> <SymbolIcon/> </AppBarButton.Icon> </AppBarButton> </AppBar>       コンパクト表示する ウインドウサイズが小さい時はコンパクト表示しなければいけません。 IsCompactプロパティをtrueにすることでLabelを非表示にしてコンパクト表示が可能です。 <AppBar> <AppBarButton Label=”ボタン” Icon=”Audio” IsCompact=”True”/> </AppBar>    

アプリバーを追加するには

アプリバーとは アプリバーとはWindows8の下からや上からスワイプした時に表示される様々な機能を集約したコマンドバーです。 スワイプした時に下から表示されるアプリバーをBottomAppBar、上から表示されるアプリバーをTopAppBarと呼びます。   AppBar追加方法 アプリバーを追加したいページを選択した状態でプロパティの「共通」→「BottomAppBar」の右にある「新規」ボタンを押します。   オブジェクトの選択ダイアログが出るのでAppBarを選択→OK   アプリバーが追加されました   XAMLはこのようになります。 <Page x:Class=”App7.MainPage” xmlns=”http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation” xmlns:x=”http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml” xmlns:local=”using:App7″ xmlns:d=”http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008″ xmlns:mc=”http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006″ mc:Ignorable=”d”> <Page.BottomAppBar> <AppBar> </AppBar> </Page.BottomAppBar> <Grid Background=”{ThemeResource ApplicationPageBackgroundThemeBrush}”> </Grid> </Page>    アプリバーの表示、非表示を取得設定する IsOpenプロパティで取得、設定できます。 if (this.appBar.IsOpen) { }  

アプリケーションのサスペンド(中断)を検知するには

Windowsストアアプリはメモリが足りなくなってアプリの実行を止められるもしくはシステムが終了するためにアプリの実行を止められるなどの状態に至るときにサスペンドという中断状態に入ります。 サスペンドはApplicationクラスのSuspendingイベントで取得することができます。 Application.Current.Suspending += (s, e) => { //サスペンド };   VisualStudioでサスペンドをシミュレートする方法 VisualStudioのデバッグ機能でサスペンドをシミュレートすることが可能です。 ツールバーから[表示]→[ツールバー]→[デバッグの場所]をクリックします。   ツールバーに中断、再開、中断とシャットダウンが表示されるようになるので デバッグ中に「中断」をクリックすることでSuspendingが呼ばれることが確認できます。

前のページに戻るには

別のページからNavigateしてきた場合、FrameのGoBackメソッドで戻ることができます。 前に戻れるかどうかはCanGobackプロパティで取得できます。 if (Frame.CanGoBack) { Frame.GoBack(); }   GoBackで遷移先から帰ってきたあと、また遷移先に戻る(次のページに進む)にはGoFowardメソッドで進むことができます。 if (Frame.CanGoForward) { Frame.GoForward(); }  

ページ間の遷移を行うには

Windowsストアアプリのページとページの移動はFrameのNavigateメソッドで可能です。 //Page2は遷移先のページの名前 Frame.Navigate(typeof(Page2));     ページ間でパラメータを受け渡す Navigateメソッドはobject型のパラメータを引数に指定できるオーバーロードを持っています。 C#のクラスはすべてobject型を継承するので渡すパラメータはどのような型でも大丈夫です。 string content = “コンテンツ”; Frame.Navigate(typeof(Page2),content);   パラメータは遷移先のページでOnNavigatedToメソッドの引数であるNavigationEventArgsの中のParameterに入っています。 protected override async void OnNavigatedTo(NavigationEventArgs e) { navigationHelper.OnNavigatedTo(e); string param=e.Parameter as string; MessageDialog dialog = new MessageDialog(param); await dialog.ShowAsync(); }     複数のパラメータを受け渡す場合は、独自でクラスを定義して、それを受け渡すようにしましょう。 Thomas furthermore wrote a series out until it is too was written in 1258-60, and Thomas held…