テキストファイルを読み込むには

ローカルフォルダーの場合 ApplicationDataのCurrentのLocalFolderの場合、StorageFolderが取得できるので GetFileAsyncによってStorageFileを取得します。 そしてFileIOのReadTextAsyncでテキストを読み込みます。 StorageFolder folder= ApplicationData.Current.LocalFolder; StorageFile file = await folder.GetFileAsync(“file.txt”); string text=await FileIO.ReadTextAsync(file);   ピッカーで選択する場合 FileOpenPickerを使います。 最低一つ以上のFileTypeFilterを指定し、PickAsyncでStorageFileを取得します。 FileOpenPicker picker = new FileOpenPicker(); picker.FileTypeFilter.Add(“.txt”); StorageFile file = await picker.PickSingleFileAsync(); string text=await FileIO.ReadTextAsync(file);   You may compromise that printing whether your tone is resentful or too spectacular In this spot, and likewise through it, God…

アプリケーション内で共有されるプロパティを設定するには

CoreApplication.Properties CoreApplicationクラスのPropertiesはIPropertySetを実装し、わざわざ自分でstaticなクラスを作らなくてもアプリケーション内で共有されるプロパティ値を設定することができます。   //プロパティ値を追加 CoreApplication.Properties.Add(“SettingValue”,10); //Keyがすでにあるなら if (CoreApplication.Properties.ContainsKey(“SettingValue”)) { //Valueを読み込む int val = int.Parse(CoreApplication.Properties[“SettingValue”].ToString()); }  

ユーザー名を取得するには

UserInformation ユーザー名を取得するにはUserInformationクラスを使います。   表示名やドメイン名などを取得することが可能です。 string displayName= await UserInformation.GetDisplayNameAsync(); string domainName= await UserInformation.GetDomainNameAsync(); string firstName=await UserInformation.GetFirstNameAsync(); string lastName = await UserInformation.GetLastNameAsync(); string principalName = await UserInformation.GetPrincipalNameAsync(); Debug.WriteLine(“DisplayName={0}”,displayName); Debug.WriteLine(“DomainName={0}”, domainName); Debug.WriteLine(“FirstName={0}”, firstName); Debug.WriteLine(“LastName={0}”, lastName); Debug.WriteLine(“PrincipalName={0}”,principalName); マニフェストファイルでエンタープライズ認証にチェックを入れましょう。  

ロックスクリーンの画像を取得、設定するには

LockScreen WindowsRuntimeはロック画面の画像を取得、設定することができます。   Windows.System.UserProfile.LockScreenクラスを使います。   OriginalImageFileプロパティには現在のロックスクリーンの画像Uriが入っています //現在のロックスクリーンUri Uri nowLockScreenUri=LockScreen.OriginalImageFile;   ロックスクリーンの画像を変更するにはSetImageFileAsyncメソッドを使います。 FileOpenPicker picker = new FileOpenPicker(); picker.FileTypeFilter.Add(“.png”); picker.FileTypeFilter.Add(“.jpg”); var file=await picker.PickSingleFileAsync(); //ロックスクリーンを設定 await LockScreen.SetImageFileAsync(file);  

Uriエンコード、デコードを行うには

System.Uri WindowsRuntimeでUriエンコードを行うにはUriクラスのEscapeDataStringやEscapeUriStringを使います。   逆にUriデコードを行うにはUnescapeDataStringを使います。   //データエンコード string eData=Uri.EscapeDataString(“ほげ”); //Uriエンコード string eUri = Uri.EscapeUriString(“https://garicchi.com”); //デコード string data = Uri.UnescapeDataString(eData);