LibreOfficeでセルの値が正規表現とマッチするか判定する

唐突にデータシートから正規表現で値をマッチさせたかったんですけどExcelを使った場合標準では用意されていなくて、VBScriptなどをかかなければならないらしいとおもって検索していたらLibreOfficeでは正規表現のマッチングができるそうです。 SEARCH関数は正規表現をサポートしていて、正規表現にマッチするならその位置、マッチしないなら数値ではないエラーを返します。 そこでISNUMBERでマッチされたかどうか判定するとこのような式になります。 =IF(ISNUMBER(SEARCH(“検索したい正規表現”,”検索先文字列”,0)),”find”,”not find”)  

バックグラウンドタスクでソケットをリッスンする – SocketActivityTrigger

SocketActivityTrigger UWPのBackgroundTaskは、さまざまなトリガーによってプロセスの開始を可能にします。 その中でもSocketActivityTriggerというものを使うと、システムが受信したソケットに反応してUWPのバックグラウンドタスクを開始することができます。 2種類の方法 SocketActivityTriggerを利用したバックグラウンドソケット通信には2種類存在します。 フォアグランドでConnectしたソケットをバックグラウンドへ渡す フォアグラウンドでリッスンしているリスナーをバックグラウンドへ渡す 前者の場合、かずきさんのブログや公式のサンプルに載っているのでそちらを参考にしてください。   今回のサンプルは後者の場合です。フォアグラウンドでソケットリッスンを開始し、バックグラウンドタスクへソケットリスナーを渡し、バックグラウンドでコネクションを確立します。 ソケットが閉じてもOSが再起動してもリッスンを再開します。 サンプル サンプルはここに置いているので参考にしてください。 https://github.com/garicchi/uwp-background-socket ポイント SocketActivityTriggerにはポイントがいくつかあります。 まず普通にBackgroundTaskBuilderでタスクを生成しますが、TriggerにはSocketActivityTriggerを渡します。 //バックグラウンドタスクを登録する //NameはなんでもいいけどTaskEntryPointはバックグランドタスクの {名前空間}.{クラス名} にしないとだめ var socketTaskBuilder = new BackgroundTaskBuilder(); socketTaskBuilder.Name = “MySocketBackgroundTask”; socketTaskBuilder.TaskEntryPoint = “BackgroundSocketComponent.SocketListenTask”; //バックグラウンドタスクでSocketを待ち受けるためのトリガー //これのおかげでバックグラウンドタスクがSocketに反応できる var trigger = new SocketActivityTrigger(); socketTaskBuilder.SetTrigger(trigger); var task = socketTaskBuilder.Register(); その後、StreamSocketListenerでソケット待ち受けをしますが、バインドする前にEnableTransferOwnershipメソッドを呼んで、バックグラウンドにリスナーを渡す許可をしなければいけません。 ここでSocketActivityConnectedStandbyAction列挙体を入れる必要があります。公式サンプルではWakeになってますがDoNotWakeにしてください。(じゃないと動かない) //ソケットリスナー var socketListener = new StreamSocketListener(); var hostname =…