ファイルのプロパティを取得するには

最上位プロパティ

ファイルの名前や拡張子などは最上位プロパティとしてStorageFileクラスのプロパティに用意されています。

FileOpenPicker picker = new FileOpenPicker();
picker.FileTypeFilter.Add(".png");
StorageFile file=await picker.PickSingleFileAsync();

Debug.WriteLine("Name={0}",file.Name);
Debug.WriteLine("DisplayName={0}", file.DisplayName);
Debug.WriteLine("DataCreated={0}", file.DateCreated.ToString());
Debug.WriteLine("FileType={0}", file.FileType);
Debug.WriteLine("IsAvailable={0}", file.IsAvailable);
Debug.WriteLine("Path={0}", file.Path);
Debug.WriteLine("Attributes={0}", file.Attributes);
Debug.WriteLine("ContentType={0}", file.ContentType);
Debug.WriteLine("DisplayType={0}", file.DisplayType);

1

基本プロパティ

基本プロパティはStorageFileのGetBasicPropertiesAsyncで取得することができます。

BasicProperties bProp=await file.GetBasicPropertiesAsync();
Debug.WriteLine("Size={0}",bProp.Size);
Debug.WriteLine("ItemSate={0}", bProp.ItemDate.ToString());
Debug.WriteLine("DateModified={0}",bProp.DateModified.ToString());

14

拡張プロパティ

その他付属しているプロパティは拡張プロパティとして名前を指定することでDictionaryとして帰ってきます。

今回は、System.DataAccessedとSystem.FileOwnerの2つのプロパティを取得します。

BasicProperties bProp=await file.GetBasicPropertiesAsync();
IDictionary<string, object> rProp = await bProp.RetrievePropertiesAsync(new List<string>
{
    "System.DateAccessed","System.FileOwner"
});
foreach (var i in rProp)
{
    Debug.WriteLine("Key={0},Value={1}", i.Key, i.Value);
}

15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください