Windows10IoTデバイスをブラウザから制御する

Windows10 IoT Coreデバイス (例えばRaspberryPi2)はIPアドレスにブラウザから8080番ポートでアクセスすると様々な制御を行うことができます。

やり方は、Windows IoT Core WatcherなどでデバイスのIPアドレスを調べます。デフォルトのままだとHostNameのminwinpcでもOKです。

これをブラウザのURLとして入れ、ポートは8080にします。

するとユーザー名とパスワードを聞かれるので以下のようにします。

ユーザー名: Administrator

パスワード: p@ssw0rd

これでログインできます。

 

ログインするとアプリをデプロイしたりパフォーマンスカウンタをみれたりするので面白いです。シャットダウンとか再起動もできます。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.