Universal Windows PlatformでBluetoothRfcommのDeviceCapabilityが変わっていた

Windows8.1時代はBluetooth Rfcommを使うにはmanifestファイルにこんな感じのCapabilityを使わなければいけませんでした。

<m2:DeviceCapability Name="bluetooth.rfcomm">
  <m2:Device Id="any">
    <m2:Function Type="serviceId:{rfcomm service id}" />
  </m2:Device>
</m2:DeviceCapability>

それがUniversal Windows Platformからはこんな感じに簡単にかけるようになってました。

<DeviceCapability Name="bluetooth" />

ちなみにマニフェストファイルのデザイナーから書くことはできません。xmlを直接編集します。

あとは多分一緒の方法でBluetoothRfcomm接続できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.