【cocos-2dx+Windows10ゲーム開発】メニューを表示する

cocos-2dxでメニューを作成するにはMenuItemImageクラスとMenuクラスを使います。

まず、MenuItemImageを作ります。createメソッドにはメニューを押していないときの画像、メニューを押したときの画像、とメニューが押されたときのコールバック関数を書きます。

今回はメニューが押されたときにラムダ式が呼ばれるようにします。

そしてMenuItemImageが作成できたらMenuクラスに追加します。

Menuクラスは複数のMenuItemImageをまとめて1つのメニューとして扱います。

//メニュー1を作成
auto menuItem1 = MenuItemImage::create("off.png", "on.png", [this](Ref* res){
	//メニューがクリックされたときこの中が実行される
	log("menu clicked!");
});
menuItem1->setPosition(100,100);

//メニューを作成
auto menu = Menu::create(menuItem1, NULL);
menu->setPosition(Vec2(150, 150));

this->addChild(menu);

18

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.