Hugっとプリキュアがあつかう、人生の困難への向き合い方

HUGっとプリキュアをご存知でしょうか。

毎週日曜日に放送されている女児向けアニメプリキュアシリーズですが今年のプリキュアは敵がブラック企業の比喩として描かれていて個人的に非常にヒットしています。

そのHUGっとプリキュア33話、「要注意!クライアス社の採用活動!?」は久しぶりに考えさせられる回でした。

特に最後、今作の敵であるクライアス社の社長であるプレジデントクライが、自社の採用に失敗したことを「救えなかった」と表現しています。クライアス社の目的は「時間を止めて永遠の幸せを手に入れる」ことですが、そのことを「救い」と表現しているのです。

ある思想があり、そのために仲間を引き入れることを「救い」と表現することは、現実で言うなれば新興宗教です。つまりプリキュアの敵であるクライアス社はブラック企業の比喩でもありますが、新興宗教の比喩でもあります。

救いとはつまり、困難な状況に対し、その新興宗教に入信し、思想を受け入れることで困難な状況を解決することです。プリキュアたちはその思想にたいし、きっぱりとNOと言います。しかしながら人生には困難がつきもので、自分がいくら強くても他人のことばかりを気にする時代であり、他人から困難が降り注ぐことが多々あります。

HUGっとプリキュアではそこに対するアプローチが提示されています。プリキュアは人生に困難が立ちはだかったとき、「自分を愛し、人を愛する」というアプローチを提示しています。新興宗教に入信する人はたいてい、人生が辛く、自分を愛せなくなった状態の人が多いです。そこに対し、「入信すれば救われる」という他力本願な解決策を新興宗教は提示してきます。しかし他力本願では人生の困難を解決できるはずがありません。人生の困難を解決するのは自分自身であり、自分を愛することで乗り越えられる可能性をプリキュアは訴えています。さらにそれだけではなく、他人を愛することで他の人の人生を解決する力になれるかもしれないとも訴えられていると思います。他人に対する愛はあくまで解決する力になるだけで実際に解決するのは本人です。しかしながら新興宗教は入信していうとおりにすれば救われると提示することが多く、これは人生の困難にたいするアプローチの方法として、他力本願です。

このような人生の困難に対し、自力で解決するか、他力で解決するかを対比的に描かれているのが今作のプリキュアであり、他力で解決しようとする敵に対し、プリキュアは自己愛と他者にたいする無償の愛による解決を提示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください