railsメモ

rails 静的コンテンツの表示 (アプリケーションのルート)/publicフォルダに入っているものは静的コンテンツとして扱われ、http://localhost:3000/start.htmlのようにアプリケーションのルートパスからアクセスできる コントローラの生成 rails generate controller {コントローラー名} でコントローラー生成 以下のようなクラスが出来上がる class BooklistController < ApplicationController end アクションの生成 コントローラークラスの中にメソッドを作成する render :text => ‘hello’はApplicationControllerのrenderメソッドに{:text=>’hello’}なハッシュをキーワード引数として渡している 詳しくはこの記事 class BooklistController < ApplicationController def hello render :text => ‘Hello!’ end def bye render :text => ‘bye!’ end end ルーティングの設定 config/routes.rbを編集する Rails.application.routes.draw do # For details on the DSL available within this file,…

railsでtodoアプリを作る

環境構築 sudo apt-get install rbenv ruby-build ruby-dev rbenv install –list rbenv install 2.2.3 rbenv global 2.2.3 sudo gem update –system sudo gem install rails プロジェクトの新規作成 # bundleはあとからinstallしないとsystem grobalな場所へパッケージがインストールされてしまう rails new todoapp –skip-bundle cd todoapp bundle install –path=vendor/bundle Rubymineの場合、gemを認識させるためにGUIからbundle installしないといけない [Tool]>[Bundler]>[Install]を押す scaffoldでMVC作成 ユーザーモデルはdeviseパッケージで作成 rails generate scaffold task user_id:integer title:string content:string create database rake db:create migrate table…

ruby install

install rbenv sudo apt-get install rbenv ruby-build list available ruby versions rbenv install –list install ruby rbenv install 2.2.3 set specific version to global rbenv global 2.2.3 update gem sudo gem update –system install ruby-dev sudo apt-get install ruby-dev install rails sudo gem install rails create new rails app rails new {app name} –skip-bundle install…

ruby basic

basic !と?について !がつくメソッドは破壊的メソッド。呼び出しによってオブジェクト元を破壊する ?がつくメソッドは真偽値を返す 例外処理 begin # some process rescue Exception => ex puts ex.message end ファイルを1行ずつ読み込む begin File.open(‘dialog/feature.txt’) do |file| file.each_line do |row| puts row end end rescue Exception => ex puts ex.message end